用意された最高のギフト

June 16, 2017

前回からの続き…

 

私のお話になりますが、私の元にはどう来ていたか。

 

全て想像を遥かに超える現実となって現れました。

 

私は「乗る」と決めていました。

どうしてもハートが拒否する選択を拒んでいたのが分かったのです。

 

そしたら、「突き抜ける」「やり切る」

「楽しみ切る」と言うワードがずーっとやって

くるのです。 そして2日連チャンで明け方目が

覚めて時計に目をやるとデジタル時計が4:44と。

2日とも目が覚めて時計を見たのがこの時間。

 

その数日後にふと目に入った444とは

エンジェルから「サポートし、ガイドし、

無限の愛でサポートしています」

と、いうメッセージ。

 

エンジェル達はサインを送った後にちゃんと

その意味までご丁寧に教えてくれました。

偶然観ていたYoutubeの動画が終わって

自動的に次のが始まったらいきなり「エンジェルナンバー」っていう

動画が始まり、更に初っ端から「444とは」…と始まった時にはひっくり返りました(^^;

 

普段、スピリットやエンジェル達には

私が理解できるメッセージでお願いします。

と、お願いしているのですが、こんなにも

分かり易く全てを説明してくれるなんて…

なんて親切(涙)

 

それにも裏付けられる様に、ここ最近

投げたボール(投げた波動)が物凄い短時間で

返ってくるんです。

(これは私だけに限らず、みなさんにもそう感じる出来事がここ最近あると思います。)

 

まず冒頭で書いた様に私は流れに「乗る」と

決めました。

 

そしたら「突き抜ける」「やり切る」「楽しみ切る」と反応がありました。

 

私はそれにOKを出しAccept(受け入れる事)しました。

 

そしたら…

 

まず、自分のウェブサイトと、ブログが出来上がりました。

写真家でもあり、グラフィックデザイナーであり、

今や5 Rhythemのインストラクターとして、アメリカや日本で活躍している

Masayo Benoistさんが以前からヒーリングを大変気に入って下さり、

色々と応援していて下さっていて、私がちまちまとFBでアップしているのを見て、

「ウェブサイトとブログやろう。」と声を掛けて下さった。

 

あっという間に写真撮影の日が決まり、写真撮影が行われ、

ウェブサイトとブログが同時に出来上がる。

それはそれは私好みのシンプルなデザインである。

 

が…ウェブサイトを見ていただいたらお分かりの通り、

それはそれはババーンと私の顔が出ている。

逃げも隠れもできない程の(逃げも隠れもしないけどさ)私のお顔が私を見つめておる…きゃ。

 

私の性格上、自分の意思でババーンと自分の顔を自らのウェブサイトに出すだなんて

本来なら顔から火がでそうな出来事だ。

 

Masayoさんにメッセージを打ってみた。

私「か、顔が正面じゃないのないですか?」

Masayoさん 「やーだよーん」

 

笑笑

 

でーすーよーねー。笑

そら、当然そうなりますよねー。

 

Masayoさんは知らないですが。。。

 

だって「乗る」っていったんだもの。

Acceptするっていったんだもの。

ブロックを外すっていったんだもの。

スピリット達に。

 

そら、実は私が望んだ通りの結果になりますわ。

自分のアップの顔見てドキドキ息切れしただけです。笑

すみません。(注:私と宇宙エナジーとの会話ですので、気にしないでください。)

 

だから突然自分の力ではできない

想像を遥かに超えた素晴らしい

ウェブサイトが出来たんだもの。

 

 

それから、5月末のアメリカの4連休を利用して

毎年恒例のセドナへ旅行へ行った時の事…

 

今年のお正月に突然旦那さんが、撮ってなかった

結婚式の写真を撮ろう!と、言い出し…

一緒に旅行するお友達家族も巻き添えが決定した。

 

どことなく私の中で嬉しさ半分、照れも半分、

そして照れ臭さから、今更な感じもした。

 

だけど、せっかくの写真撮影。

セドナ在住のプロのカメラマンさんに来て頂き、

大好きなカセドラルロックをバックにして

水辺で撮りたい。

 

私は楽しむと決めていた。

滅多にないチャンス、楽しむしかない!

楽しみ切るのだ!突き抜けるのだ!

 

全員でのドレスコードも決めて、自分も

ウエディングドレスとまではいかないにしても

真っ白なパーティードレスを買った。

 

セドナ旅行直前…

私のヒーリングの師匠であるアイルさんから

連絡があり、当初は予定があって撮影日も

会えないはずが、なんと予定が延期になり、

司祭者として撮影に参加して下さる事に。

 

こんな事ってある⁈ 

セドナでは毎回いろんなミラクルが起きる。

 

いざ、撮影日。

 

みんなでお洒落をし、指定された場所へ行くと

激混みな上、入り口が探しきれない。

カメラマンさんから連絡を頂き、急遽撮影場所が変更になった。

 

カセドラルバックの水辺。

 

そこはアイルさんのご自宅の近くの水辺、もちろんバックにはカセドラル。

 

変更も全てその日の思い出🎶

楽しみ切ると決めていた私には全てが

その日の良い思い出になる素敵なハプニングでしかなかった。

 

30分の場所移動。

 

ん?トイレ行きたいなー。

川辺にトイレは無いし、アイルさん家で

借りて行こう!

 

携帯からメッセージで予めお願いし、

お宅でお手洗いを拝借。

 

スッキリトイレから出てくると、

絶対なんか企んでいる笑みを浮かべたアイル氏と目が合った。

 

あ。。。なんか企ん出る。絶対企んでる!!

 

「ともちゃん、それ脱いでっ‼︎」

「え…あーーれーー!」

 

そんな、お辞めください、殿様!みたいな

くだりがあったか否かは置いといて…

 

トイレから出て来た私は、ものの見事に

着ぐるみ剥がされ、誰が予想していたであろう

正真正銘のウエディングドレス姿へ…

 

きゃーーーー⁈ 何?この、シチュエーション⁉︎

 

あーーーー、乗ります。突き抜けます。やり切ります。楽しみ切ります。

 

言うたやないかい。

 

その通りでございます。

 

私はAcceptしたのでした。

 

長いトイレだな。と、外で待っていた全員がウエディングドレス姿で

出て行った私に度肝を抜かれていた。

 

そりゃそうだ。私だってそうなのだから。

 

思いっきり楽しむぞ!

又とないウエディングドレス姿!

 

全てが用意された天気、場所、タイミング、ハプニング。

それを自分に用意された宇宙からの最高のギフトだと思って

受け取るか否かは全て自分次第だ。

 

 

 

最後に。。。ちょっとだけよ〜

司祭者として来て下さった

アイルさんとのツーショット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

高い視点かどうかを見分ける

September 5, 2019

1/4
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive