シンプルが本当の自分

March 7, 2019

 

ここ最近ずっとやってくるメッセージは、シンプルで居ること。

 

人間は生きていく中で、いろんな知識を身に着け、法則や外からの概念の中で生きようとする。

 

複雑に。より複雑に。 

 

 

 

法則や概念を一つ学ぶ毎に自分と離れてゆく。

 

またひとつ、またひとつ。

 

そうやって、本来の自分とは違う法則や概念、つまり自分にとっての複雑さで自分の中に

曇りガラスの様にひとつひとつ仕切りを作り、自分の肉体を持ちながら、本来の自分の

魂の在り方と離れてきた。

 

もうひとつ説明すると「複雑」であるという事は、自分にバツをつける事。

「あぁ、自分には理解できないけど、みんなはそうやってうまくいってるんだなぁ。」

「自分が劣っているんだなぁ。」。。。と。

 

自分の軸から離れていくと、「自分」が見えなくなってくる。

 

そのうち「自分」が何なのか分からなくなってくる。

 

なんの為に生まれたのか?なんのために生きているのか?

 

全てを外から学んだ法則に当てはめて、それを基準に正しいとか間違っているとか。

それはいけないとか、他人がどうだとか。

 

そこからだんだんと写しだされる問題にフォーカスし、自分はその問題によって困っているんだと錯覚し、

そうする事で問題を複雑化させ、結晶化し、具現化し、思考で考えてさらに重い周波数にし、ある事ない事

想像して、映し出された現実に重石をつけたかの様に沈めて、沈めて。。。

 

だんだんと混乱し、分からなくなり。

 

正しいとか間違っているとか。批判とか。。。

 

どんどん動けなくなる自分を感じ、無力だとか、欠けてるとか、劣ってるとか。。。

 

ふぅ。。。。

 

そっちを話しているだけで、どんどんエネルギーが重くなっていくのを感じますか?

 

そうです。問題や愚痴を喋っているだけで、そっちを結晶化していきます。

より濃い「現実」となって現れます。だって、そっちにエネルギーを注いでいるから。

そのエネルギーの波動が自分から発せられて、現実を生み出していくから。

 

そうなるのは当たり前の事。

 

「本当の自分に繋がる」ワークセッションをしていると、やはり「見えない」「感じれない」と

おっしゃられる方が出てきます。あとは「あの人が変わらない」とか「現実が変わらない」という方。

 

「本当の自分に繋がる」ためにやっている事ですから、外を変えようという結果を期待してやっていると

軸がぶれるので、変わらないのは当たり前です。

 

そして「見えない」「感じられない」は3次元の法則で見よう、感じようとしているからです。

 

どこかに「こうみえなきゃいけない」「こう感じなきゃいけない」「見える人が言っている様な同じものを見なくちゃいけない」と、そのコンセプトで一生懸命見ようとするからです。

 

全てはとってもシンプルです。本当は感じているのに、概念や法則で物事を見ようとすると

自分の周りに曇った膜が張ってしまって「見えない」という感じになるんです。

 

ハイヤーセルフからくるメッセージはとってもとってもシンプルです。

 

シンプルで、ストレートなメッセージは自分を複雑化させていると届かないのです。

 

だから、シンプルに居て、そして自分に張ってしまった膜を外していきましょう。

 

そして軽やかな方を結晶化させていきましょう✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

高い視点かどうかを見分ける

September 5, 2019

1/4
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive