グラウンディングについて

October 14, 2019

何度かブログの中でもちらほらグラウンディングについて出てきています。

エネルギーワーク的なものに興味がある方は「グラウンディング」という言葉を

一度や二度は聞いた事があると思います。

 

 

 

グラウンディングってなに?

 

と言われると何となく言葉のニュアンスとかから、「地に足をつける」とか

「今、ここで生きる」とか中には沢山苦労をして大地とコネクトする。。。

等々という事も聞いたりします。

 

逆に地に足がついていない、とか現実味がないとか、夢見がちとかいうのを

グラウンディングしていない、と言われたりしているのも耳にした事があります。

 

グラウンディングの概念を変えてみましょう。

グラウンディングしなくちゃ!という「〇〇しなければいけない!」ではありません。
すーっと本当のグラウンディングができる様になると思いますので、

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

 

 

グラウンディングって?

 

グラウンディングとは、自分の軸の真ん中とハイヤーセルフとが一本の太い光のパイプで

繋がる事で上昇し、真実の自分のバイブレーションを響かせている(芯で打った音)

時にガーンと地球の中心に向かって深く繋がっていく事を言います。

 

深くグランディングすればするほど、意識がブレる事はありません。

 

また、自分が本当の自分の場所(自分の軸の中心)に立ち、下へ向かう一方向ではなく、

ハイヤーセルフと繋がっている一本の太い光のパイプの真ん中に居る時にしか起こりません。

 

建物を建てる事を想像してもらえば分かる様に、柱がしっかりと硬い地盤の奥深くまで

あればある程、高い建物が建ちます。

 

それと同じ原理ですが、グラウンディングは物事を見る視点が高くなればなる程、

グラウンディングが深くなります。どちらが先かというと、同時です。

 

そして、

本当のグラウンディングとは「100%意識を自分に戻す」こと。

これによって真のグラウンディングをするのです。

 

 

間違った捉われ方

 

大げさに言ってしまえば、苦しまないとグラウンディングしない。みたいな想像している人いませんか?

あの人は苦労してないからとかね。。。

 

違います。

 

現実に向き合って、打ち勝つ!はもう古く、実は身も心も消耗します。

 

グラウンディングするにはこういった苦労が必要という訳ではありません。

 

確かに過去には苦労や悲劇的な事はグラウンディングを促進するのに強いファクターとなって

いたことは事実です。

なぜなら、もう自分しか頼るものが無い状態になった事により100%自分に意識が向かわざるを得ない

状況になるからです。でも必ずしもそう言った苦労やカオスが無くても本来グラウンディングは「できる」し、実は考え方が逆で、グラウンディング出来ていないから、外側に焦点があたって、そのようなカオスな状態を投影させ、あえて自分へ見せていたともいえます

 

もう今は時代が変わったのです。

そんなひと苦労しなくても本当のグラウンディングはできます。

 

 

 

簡単にできる方法は?

 

苦労なしの簡単なグラウンディングの方法は?

100%自分に意識を向けるって言うけども、

100%意識を自分に向ける、そのやり方は?

 

まずは逆説から言うしかないのですが、

100%意識を自分に戻すって事は、外をチラチラ見ている暇はありません。

誰かや外と比べて自分が劣っている感覚や、自分は欠けている感覚をもっていたとすれば、

それは100%意識が自分に向いた状態とは言えません。

 

誰か他人に影響されたり、人の言葉に傷づくといった状況が起こっている時は意識が外を向いています。

 

100%意識が自分に向いている時に、外から入ってくる状況はあなたへのひらめきの為の出来事か、

貴方の持っている古い周波数を手放しましょうというサインでしかない、

 

という事をまずは知っておいて下さい。

 

 

 

チラ見のメカニズム

 

どうしても外が気になって仕方がない、と感じたら、そう感じた自分の感情にフォーカスしてみましょう。

 

人(外)と比べて自分が劣っていると感じたら、「劣っていると感じる」ために使っている周波数。

つまり「劣る」というフィルムを自分が使っているのだという事を、まずは確認すること。

「あぁ、気になって仕方がない、という私が居るんだ」と。

 

「居心地が悪い」と感じたなら「居心地の悪い自分」を映す為に使用した周波数(元フィルム)が

現れてきてくれているのです。

 

それらを、浄化瞑想をして手放します。(興味のある方、下記参照)

 

でもまずは、そういう風にして自分の古い周波数という手放すべき古いパターンを見せてくれている事を

確認してください。それだけで大丈夫です。

 

ハイヤーセルフは自分なのですから、何があってもあなたをサポートする為に動きます。

 

「嫌だな」「居心地が悪いな」など、自分の感情を感じられた(感じた事をキャッチできた)という事は

自分が持っているパターンが表面化したのですから、喜ぶべき所です。

だって出てきてくれないと、その永遠ループを終わらせる事もできませんからね。 

まずはその感情に気づいてあげる。気づいたからこそ手放せる。

 

気づいたらどんどん手放していって下さい。

そしてどんどん身軽になって最高の自分へと移行していって下さい。

 

 

 

グラウンディングの方法

 

世の中には沢山のグラウンディングの方法が存在します。

なぜならここで言うグラウンディングとは、「100%自分に意識を向けること」だから、

「100%自分に意識を向けられるようなこと」をすればいいのです。

 

本来その事を瞑想と言います。

 

座るもよし、踊るもよし、歩くもよし、歌うもよし、料理するのも、自然に触れるのも、

全て良しなのです。

 

座禅する事で自分の意識をセンタライズさせ100%自分に意識を向けやすいのならそうしてください。

踊る事で100%自分に意識を向けやすいのならそれがあなたにベストなのです。

 

「瞑想をしなければグラウンディングしない」なんていう決め事は無いのです。

それは外に影響されているだけで、もっと自分のハイヤーセルフからやってくる感覚を信じましょう。

 

 

全てつながる

ここまで読んで頂いて、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが。

全てつながっているんです。陰陽です。

 

グラウンディング=ハイヤーセルフと繋がる事。

 

100%自分に意識を向け、視点を高くすれば、ハイヤーセルフとも繋がりグラウンディングも

深くなされていくのです。

 

ハイヤーセルフと繋がると沢山のワクワクが出てきます、自分がワクワクする感覚は真実の感覚。

そこになんの混じりけも無いはずです。真実に動くという事は、自分の軸の中心、つまり自分の

本当の居場所に在ます。

 

そうです。その場所に自分が100%存在するという事は、ハイヤーセルフと一本の太い

光のパイプでつながる事であり、その視点を持っているという事はグラウンディングも

深く深くなされているという事なのです。

 

**************************

次回は新月の浄化瞑想オンライン・クラス(Zoomを使用)を予定しています。

 

アメリカ時間 10/25 (金曜日)17:00~18:30pm

日本時間 10/26 (土曜日)9:00~10:30am

おひとり様 $50

次のクラスでは「チラ見」についても詳しく話していこうと思います。

今の時代にとても面白い話がたくさんあると思います。

お申込みは10/23までにお願いします。

 

ご質問やお支払い方法が分からないよーという方はお気軽にメールください。

また参加ご希望の方もメールにてお願い致します。

tomokoenergywork@gmail.comまで☆彡

 

また個人クラスも承ってます。こちらもご質問、お申込みはメールにて

受け付けております☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

高い視点かどうかを見分ける

September 5, 2019

1/4
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive